パソコン 肩こり

パソコンで肩こりが辛い…

パソコン 肩こり

 

仕事をしている方のほとんど方が使っているであろうパソコン。

 

パソコン作業をずっとしていると目も疲れてきますが、やっぱり肩こりが辛くなりますよね。

 

肩こりがひどくなる原因としては主に筋肉の疲れとされています。

 

パソコン作業をしているときは画面を見ながら前のめりになってキーボードを打ったり、マウスを何度もクリックするなどして指や腕にも負担がかかるのでより筋肉に疲労がたまってしまうのですよ。

 

また、長時間同じような姿勢で作業を続けていると血流も悪くなるので、さらに疲れがたまってしまって肩こりがひどくなってしまうのですね。

 

特に姿勢が悪い状態が続いてしまうと同じ場所に負担をかけ続けてしまうので、筋肉が緊張したままの状態になってしまいます。

 

筋肉が緊張してしまうと血流が滞るので栄養や酸素を身体のいろんな場所に届けることができなくなってしまい、肩こりだけでなく慢心的な疲労感が出てしまうことがありますよ。

 

痛みやこりだけでなく、身体全体に疲労感と倦怠感が出てくるので、肩こりを感じているのならそのまま放っておかないでしっかりとケアすることが大事ですよ。

 

デスクワークで同じ姿勢のままの状態が続いている方は軽いストレッチやマッサージ器で身体をほぐしてあげましょう。

肩こりをほぐすポイントは血流促進にあり!

肩こりや首のこり、腰痛など身体のこりを防ぐためには血流を促進することが重要なポイントになります。

 

血流を良くすることで、発痛物質や疲労物質が代謝されるので痛みが筋肉にとどまるということがなくなるのですね。

 

血流を良くするためにはまず姿勢を良くすること。

 

姿勢を良くすることで血流を悪くすることを防ぐことができるので、まずはパソコン作業をしている時は姿勢を良くすることを意識してみてください。

 

また、血流を良くする簡単な方法としてはストレッチや軽い運動がおすすめですので、1時間作業したら5分くらい休憩を取ってストレッチをするなど身体を動かすことを心がけてみましょう。

 

ただ、なかなか仕事中にストレッチや運動ができないという場合もありますよね。

 

そもそも疲れて帰ってきて運動する時間もないこともあります。

 

 

そういった場合はマッサージ器を使って血流を良くする方法が気軽ですよ。

 

このサイトで紹介しているグラネスファーストは医療機器認証されていて、血流を良くする効果を表示することができるマッサージ器となっています。

 

なので、使うことでこりをほぐすことが期待できますよ。

 

何もしないのと1日の終わりにでもケアをしてあげるのとでは次の日の疲労感が全然違いますから、時間がない方はマッサージ器でケアすることをおすすめします。